1万円でここまでできる、自宅ですべき地震防災まとめ

2019年3月10日

私は東日本大震災を被災して多くのものを失い「あぁ、防災していれば助かる命があった」と後悔の念に駆られました。
だからこそ、本当に、多くの人に分かりやすく防災を伝えていきたい!!
南海トラフ地震、首都直下型地震が30年以内に70~80%発生すると予測される今だからこそ。


地震が怖い、防災しないといけない!

だけど先延ばしにしてしまうのが防災。
時間かかるし、お金かかるし、めんどくさい、

まぁ、何とかなるでしょ・・・

私はそう思っていました。

そして東日本大震災を被災してしまったのです。
吹っ飛ぶテレビ、転倒する家具、本当に命の危機を感じました。

転倒家具
※写真提供:神戸市  私の自宅は津波被害にあったため、阪神淡路大震災の画像をお借りしました。

知ってください。

1万円かければ、かなり本格的な防災ができるということを。

今、防災してください、巨大地震が来る前に。

※この記事では、命を守ることを優先しているため非常食などの備蓄品には触れていません。

必須!0円でできる地震防災

最初に0円でできるにも関わらず、本当に重要な地震防災を紹介します。

とても簡単なので絶対に実践してください。


● 部屋の出入り口に大型の家具、家電を置かない

出入口付近の家具が転倒して避難経路を塞がれる可能性があります。
もし転倒したら?を想定して配置しましょう。
(固定しているから大丈夫という過信はいけません)※家具の転倒防止は後述します

配置換え
    ※東京消防庁 家具類の転倒・落下・移動防止ハンドブックより

● 睡眠時の安全を確保する

寝ている時にも地震はきます。
睡眠時は避難できないからこそ、安全な場所にしておく必要があります。
転倒の可能性がある本棚、割れる可能性があるガラスから一定の距離を保ちましょう。

● 重心を下げて転倒防止

一番危険な家具は本棚、そして食器棚です。
本棚や食器棚は、辞書や陶器などの重い物を下の段に置くだけで重心が下がり倒れにくくなります。

● 重たい物(割れ物)を高い場所に置かない

高い場所に重たい収納物、花瓶などを置いていると本当に危険です。吹っ飛びます。
絶対に高い場所に重たい物や割れ物を置かないようにしましょう。

● 一番下の段を開けておく

阪神淡路大震災時に震度7の地域では、タンスの3割が転倒しています。
タンスの一番下の段を出しっぱなしにするだけで、転倒を防ぐ効果があります。
ただ、見栄えが悪く、つまずく可能性もあるので注意が必要です。
(地震があった日だけでも開けておく、といった対策も有効)


明日やろう、いつかやろう・・・・

そう考えるからできません、未来の自分に期待せず、すぐに実践しましょう。

なんと言っても0円です。

1万円でここまでできる地震防災

自分に合った防災を行いましょう。

●持ち家(壁に穴開け可)

●賃貸住宅(壁に穴開け不可)

この2つにに分けて説明します。

※持ち家でも壁に穴を開けずに行いたい場合は賃貸住宅(壁に穴あけ不可)の項目を見てください。

本題に入るまえに家具の転倒防止の重要性や、家具転倒防止器具の効果や注意点について書いているのですが、知っておいて欲しい事なので少しだけお付き合いください。

家具の転倒防止の重要性

数多くある地震防災。

耐震化工事、家具の転倒防止、ガラスの飛散防止、備蓄品、消火器の設置、etc.

その中でも優先順位が高いのが“家具の転倒防止”です!!

過去の地震で、家具の転倒などが原因で怪我をした人の割合をまとめた表があるので見てください。

家具で怪我した人の割合

実に約30%~50%の方が家具の転倒が原因で怪我をしています。

そして驚きなのが、高層マンション(特に高層階)の方が地上より家具転倒による被害を受ける可能性があるという点です。高級なタワマンに住んでいるから私は大丈夫と過信することなくしっかりと防災しましょう。

他の怪我の原因も気になると思うので、新潟県中越地震で怪我をした人の原因も載せておきます。

新潟県中越地震での怪我の割合

基本となる転倒防止器具の効果一覧と注意点

転倒防止器具にはどのようなものがあるのか、器具の種類と効果をまとめた表があるので確認してください。

転倒防止効果一覧  ※東京消防庁 家具類の転倒・落下・移動防止ハンドブックより

基本的に穴を開ける必要のある器具が効果的だと分かります。

ここで注意点をひとつ。

上記表の左側にある、ストッパー式、マット式、ポール式の3つの器具の効力を東京都が検証した結果、

震度6強の地震で家具が転倒した。

という衝撃の結果が出ております。

記事のリンクを張るので興味がある方は見てください
→ 「過信しないで」家具転倒防止器具、震度6で効果なし ※リンク先ハザードラボ

要約すると次のような事を書いています。

  • 耐震7と書かれた商品でも、震度6強で転倒、移動
  • 違う型の器具を2つ組み合わせることで高い効果を発揮

つまり、転倒防止器具を過信してはいけないということです。
使うなら2つの器具を組み合わせて使いましょう。

持ち家(壁に穴開け可)の場合

やっと本題です。

壁に穴を開けるタイプの地震防災

メリット・・・高い防災効果

デメリット・・・設置が結構大変、家に穴が開く

作業は大変でも、防災効果はバッチリです。

一般的な家庭にある家具と、その対策を一覧にしております。

※価格は2019年3月10日時点で、アマゾン、楽天、ヤフーの中から一番安いもので記載。アマゾン発送品は合計で2,000円以上のため送料無料計算。

家具・家電名 転倒防止器具名 価格
冷蔵庫 Panasonic冷蔵庫転倒防止ベルト 2,170円
電子レンジ 北川工業タックフィット 1,207円
食器棚 L字金具 1,050円
本棚 L字金具 1,050円
タンス L字金具 1,050円
テレビ 2台 Q-Beau耐震ベルト×2個(1個1,180円) 2,360円
合計 8,887円

 


● 冷蔵庫

冷蔵庫は転倒防止が一番難しい家電です。
壁際に密着することが出来ず、穴を開けるL字金具を使うこともできません。

粘着テープ型の転倒防止器具もあるのですが、老朽化により効果が薄れること、そして壁の素材が限られる点から、穴あけ式の耐震ベルトを採用しました。

ここではPanasonicの耐震ベルトを使っているのですが、使っている冷蔵庫に応じて耐震器具を変更してください。

正直この作業、かなり大変ですが、やるしかありません!

最安値:ソフマップ、コジマ(ヤフーショッピング、楽天)2,170円送料込 ※2019年3月10日時点

● 電子レンジ

電子レンジは倒れるのではなく、吹っ飛びます。
冷蔵庫と同じく壁際に密着させることが難しいので、土台にくっつけるタイプである電子レンジ用の転倒防止器具であるタックフィット(北川工業)を採用しました。

これは取付作業がとても簡単なので、腰より高い位置に電子レンジを置いている家庭は絶対に対策して下さい。

注意点として、電子レンジの足の高さが8mm以上ある商品でなければ使えないので確認して購入してください。

最安値:アマゾン  1,207円  ※2019年3月10日時点(アマゾンだけ、ずば抜けて安いです)

● 食器棚、本棚、タンス

食器棚と本棚とタンスは、地震が発生したとき最も怪我をしやすい家具です。
全てL字金具を使って固定しましょう。

100均にも販売しているのですが、命に係わるものなのでアイリスオーヤマの2個セットで1,050円のものを採用しました。ホームセンターに行けば、様々な種類のL字金具があるので、家具や壁に合ったサイズの品を購入できると思います。
L字金具は取り付けが結構大変すが、大切な命を守るため頑張って設置しましょう。

ここら辺から、やる気が無くなる人が多いはず・・・・ダメです・・・頑張りましょう!!!

● テレビ

テレビは吹っ飛びます。完全に凶器になります。

粘着マット式が多く販売されていますが、着けていたけど倒れたという話を何度か聞きました。
なので耐震ベルトを使ってテレビ台と固定するタイプのQ-Beauテレビ転倒防止ストッパーを採用しました。

最安値:アマゾン 1,180円  ※2019年3月10日時点

 

賃貸住宅(壁に穴開け不可)の場合

壁に穴を開けないタイプの地震防災

メリット・・・設置が簡単

デメリット・・・転倒防止器具単体では効果が薄く、複合させる必要あり

簡単に設置できるので、大きな家具や家電は片っ端から対策を行いましょう。

※価格は2019年3月10日時点で、アマゾン、楽天、ヤフーの中から一番安いものを記載。アマゾン発送品は合計で2,000円以上のため送料無料計算。

家具・家電名 転倒防止器具名 価格
冷蔵庫 耐震ジェル、伸縮棒 1,253円
電子レンジ 北川工業タックフィット 1,207円
食器棚 耐震ジェル、伸縮棒 1,253円
本棚 耐震ジェル、伸縮棒 1,253円
タンス 耐震ジェル、伸縮棒 1,253円
テレビ 2台 Q-Beau耐震ベルト×2個(1個1,180円) 2,360円
合計 8,579円

●  冷蔵庫、食器棚、本棚、タンス

(同じ器具で対策するので一気に紹介します)

冷蔵庫が倒れて壊れてしまい、その後の生活が本当に困ったという人も多くいます。絶対に対策しましょう。

ひとつの転倒防止器具だと弱いので、耐震ジェルと伸縮棒の組み合わせを採用しました。

サンワサプライの耐震ジェル、これは本当に簡単に取付ができてオススメの商品です。100均にも類似品があるのですが、命に関わることなのでしっかりとした商品を買いましょう。

最安値:アマゾン514円  ※2019年3月10日時点

伸縮棒はアイリスオーヤマの家具転倒防止伸縮棒MLサイズを使用します。設置がとても簡単な商品になります。

冷蔵庫や家具から天井までの高さが50センチ〜80センチの場合に適した器具のため、高さが違う場合は他のサイズを購入して下さい。

また天井に十分な強度を必要とする商品のため、雨漏りするような住宅では使用しないで下さい。天井ごと壊れる可能性があります、(出来れば引っ越して下さい。本当に危険です)

最安値:アマゾン  739円  ※2019年3月10日時点

 

●  電子レンジ

電子レンジは棚の上に置くことを想定して、北川工業のタックフィットという商品を使用します。

こちらの商品もとても簡単に設置できます。

詳しい商品紹介は持ち家(穴開けあり)の項目で行っているので、そちらを参照して下さい。

●テレビ

テレビは吹き飛ぶので、耐震ジェルではなく耐震ベルトをテレビ台に固定するタイプの物を使用しました。

詳しい商品紹介は持ち家(穴開けあり)の項目で行っているので、そちらを参照して下さい。

それでも対策しない人へ

地震で怪我をする1番の原因『家具の転倒』は1万円あればある程度できることが分かったはずです。

それでも対策をしない人は、対策しない理由を考えてみて下さい。

めんどくさいから

たったそれだけだと思います。

めんどくさい、それが命を奪うことになるかもしれません。よく考えて、命を守るための耐震を行いましょう。

今が、耐震するときです。